キャリア

看護師は30代でも転職できる?転職難易度と成功のポイントを紹介

「もっと働きやすい職場を見つけたい」

「もっと自分に合う職場を探したい」

今の職場を変えたいと考えている30代の看護師は少なくありません。

30代はライフイベントも多く、今後の自分に合った職場で働きたいと考える人が増える時期です。

しかし、30代での転職は20代と比べ難しいと言えるでしょう。

この記事では、30代看護師の転職難易度に加え、転職に成功するポイントを解説します

今の職場に不満を感じている人は、ぜひこの記事を読んで理想の職場を見つけましょう。

1.30代看護師が転職するケースは多い!

30代の看護師は転職を検討する人が多い

30代に入って職場を変えたいと考える看護師は多いです。

30代は、結婚や妊娠などライフスタイルの変化が起こりやすい時期と言えます。

今後のキャリアや働き方を冷静に考えた時、今の職場では人間関係・待遇が不十分だと感じ転職を検討する人は多いです

しかし、年齢を重ねるごとに転職活動は難しくなっていきます。

看護師は多くの病院で不足しているので、求人がまったくないことはありませんが、30代の転職が20代より厳しいのは事実です

そのため、今の職場にどうしても解決できない不満がある、時間的に働き続けるのが難しい、という場合のみ転職を検討するのが良いでしょう。

次は、30代看護師の転職難易度について詳しく解説していきます。

30代だけど転職したい、そんな気持ちを抱えている人はぜひ参考にしてください。

2.本当に転職できる?30代看護師の転職難易度

看護師なら、30代でも転職は不可能ではありません

医療現場において看護師不足は深刻なので、資格や経験があれば求人が全くないということはないでしょう。

しかし、多くの職場で若い世代の応募者が好かれやすいことから、「やっぱり転職は難しいのでは」と考えている看護師は多いです。

そこでここからは、30代前半、30代後半に分けて転職の難易度を解説していきます。

転職したい、という気持ちがあるならぜひ事前にチェックしてください。

(1)30代前半の転職難易度

30代前半の転職は、そう難しくはありません。

30代前半の看護師はまだ若手と言える年代なので、経験だけでなくポテンシャルを見てもらえる可能性が大きいです。

リーダーとしての経験がない場合でも、後輩に指導した経験があれば、即戦力として考えてくれる職場もあるでしょう。

しかし、同じ30代前半でも30歳と、34歳ではまた転職難易度が変わってきます。

アピールできる経験が無いなら、少しでも若いうちに転職活動を進めることが大切です。

(2)30代後半の転職難易度

30代後半になると、これまでのキャリアによっては転職が難しくなってきます。

なぜなら、中堅看護師として見られる30代後半では、リーダーや指導の経験が必須となるからです。

30代後半になれば、看護師のほとんどは基本的な業務を難なくこなせます。

そのため、他の応募者より自分が優れていると示すには、指導経験や高いスキルをアピールするしかありません

なので30代後半で指導経験や高いスキルのない人は、転職活動が長期化する可能性もあるでしょう。

以上が、30代の転職難易度でした。

30代は、ポテンシャルではなく経験やスキルが求められる年代です。

そのため、経験やスキルによっては転職が難航する可能性も少なくありません

しかし、30代での転職が不可能、というわけではありません。

次は30代での転職を成功させるポイントを解説するので、ぜひ参考にしてください。

3.難しい30代での転職を成功させるポイント

30代の看護師が転職を成功させるには

30代看護師の転職先は、すぐに決まるものではありません。

難しい30代の転職を成功させるには、どんなことを意識すれば良いのでしょうか。

ここからは、30代でスムーズに転職を成功させるためのポイントを3つ解説します

30代で転職を成功させるポイント

  1. 目標とするキャリアを明確にする
  2. 幅広い診療科で指導経験を積む
  3. 専門的な資格を取得する

30代の看護師に求められるのは、ポテンシャルよりも経験です。

自分のビジョンを明確にして、これまでの経験をしっかりアピールしましょう。

ポイント1.目標とするキャリアを明確にする

自分の目標とするキャリアの理想像が見えいれば、自分に最適な求人を選ぶことが可能です。

転職をして何をしたいのか、明確に決まっていなければ面接の受け答えもしどろもどろになってしまいます

看護師としてバリバリ働きたいのか、ゆっくり自分のペースで働きたいのか、30代になると自分の気持ちがはっきり見えてくるはずです。

自分の目標や希望を書き出し、理想に合う職場を探しましょう。

ポイント2.幅広い診療科で指導経験を積む

30代が自分のスキルをアピールするには、幅広い診療科で指導経験を積むことが大切です。

30代は中堅看護師として、後輩を指導をする立場にあります。

指導経験があれば、自分の力をアピールするポイントになるでしょう。

また、複数の診療科で経験を持っていると応募できる求人の幅が増えるため有利です。

様々な職場で指導経験を積み、看護のプロとして様々な現場に対応できるようになっておくと良いでしょう。

ポイント3.専門的な資格を取得する

認定看護師や専門看護師など、専門的な資格を取得していればスキルの高さをアピールできます。

30代看護師に求められるのは、仕事を高いレベルでこなせる力です。

認定看護師や専門看護師など、ある分野について特別な知識と経験があることを示す資格があれば、実務にも繋がり高評価してもらえるでしょう。

認定看護師や専門看護師の資格は実務経験5年以上が必要なのです。

資格を取得したい人は日本看護協会のページにある「日本看護協会の資格認定制度」で条件を確認してください。

以上が、30代看護師が転職に成功するポイントでした。

30代でも、経験を積みスキルを磨けば転職のチャンスはあります

早めに情報収集をして、転職に向け自分には何が必要かを分析してみましょう。

次は、参考として30代での転職が難しい人の特徴を解説します。

4.30代での転職が難しい人の特徴とは?

看護師は多くの地域で不足しているので、30代でも粘り強く求人を探せば転職できる可能性は高いです。

しかし、どれだけ面接を受けても通らない、と悩む30代看護師も少なからずいます。

なかなか転職先が決まらない30代看護師には、どのような特徴があるのでしょうか。

ここからは、転職先から高評価を得にくい以下2つの特徴について詳しく解説します

転職先が決まりにくい看護師の特徴

  1. 転職回数が多すぎる
  2. 指導経験がまったくない

自分のこれまでのキャリアを振り返りながら、確認していきましょう。

特徴1.転職回数が多すぎる

転職回数の多い人は、「採用してもすぐに辞めてしまうのでは」と思われなかなか転職先が決まりにくくなります。

転職先の職場が求めているのは、少しでも長く働いて経験を積んでくれる人材です。

何回も転職していると、根気がない人、長く働けない人と思われ落とされる可能性は高くなるでしょう。

もちろん、これまでに転職の経験がある事自体は不利になりません。

しかし、30代までで3回以上の転職にはネガティブなイメージがつきやすいです。

転職回数の多い人は、なぜ転職が必要だったのかしっかり説明できるようにしましょう。

特徴2.指導経験がまったくない

30代になると仕事のスキルだけでなく後輩への指導も行う必要があるため、指導経験がまったくない人は不利になります。

今後中堅看護師として活躍できる人材になるには、指導という形で職場の後輩たちとコミュニケーションを取ることが必須です。

後輩の指導係もしたことがないという人は、なかなか転職先が決まりにくいでしょう。

以上が、30代での転職が難しい人の特徴でした。

30代での転職は一般的にも難しいので、不利な条件があれば転職活動がさらに難航する可能性は高いでしょう。

しかし、転職対策をしっかり行い根気強く転職活動を続ければ、採用してくれる職場も出てくるはずです。

自分は転職できないかも、と感じた人はぜひ履歴書の書き方や面接対策をしてくれる転職エージェントに相談してみてください。

これまでの経験をうまく活かしてアピールする方法も教えてくれるので、諦めずチャレンジしてみましょう。

次は、転職先別の特徴について解説していきます。

転職したい、と考えている人はぜひ求人選びの参考にしてください。

5.30代看護師の転職先は自分に合った場所を選ぼう!

30代の看護師におすすめの転職先

30代で転職すると決めたら、さっそく求人選びを始めましょう。

30代の転職では、少しでも若い今のうちに転職活動を進めることが鍵です。

今の職場での勤務を続け経験を積みつつ、自分の理想に合った職場を決めていきましょう。

ここからは、以下の通り看護師が働ける職場を解説します。

看護師が転職できる場所

  1. クリニック
  2. 総合病院
  3. 老人ホーム
  4. 民間企業

それぞれ職場の特徴を知り、自分がどんなところに合っているか考えて求人を選びましょう。

職場1.クリニック

臨床経験を活かしたいけれど、日常的に夜勤をするのは難しい、という看護師はクリニックでの勤務がおすすめです。

小さなクリニックであれば残業もほとんど無いため、仕事と家庭を両立して働きやすいです。

また、看護師が自分で判断して患者のケアをする場面は少ないので、経験が十分にない人でも採用のチャンスがあります。

ただし、小さなクリニックは採用数も少ないので、タイミングよく自分の希望する診療科の求人が出るとは限りません

病院などでの勤務も考えつつ、地道に求人情報を探しましょう。

職場2.総合病院

30代以降もバリバリ働きたい人は、総合病院で働くのがおすすめです。

複数の診療科で経験が積める総合病院なら、スキルアップにも繋がります。

また、症例も様々なので、臨床経験をさらに深めたいという人にもおすすめです。

ただし、夜勤ありで残業も少なくはない職場になるので、結婚・出産を考えている場合は周囲のサポートが必須となるでしょう。

職場3.老人ホーム

時間に追われること無く夜勤なしで働きたいという人は、基本日勤のみの勤務となる老人ホームがおすすめです。

老人ホームでは、主治医と連携しながら入居者の健康管理を行います。

入居者さんと日々コミュニケーションを取りながら働けるので、一人ひとりの患者さんにじっくり対応したい人には向いているでしょう。

職場4.民間企業

産休・育休の充実とワークライフバランスの安定を求めるなら、民間企業への転職が良いでしょう。

民間企業での仕事は多数ありますが、代表的なのが治験コーディネーターです。

治験コーディネーターは治験を行う医師を補助したり、治験に関する情報をまとめたりしてスムーズに治験ができるようサポートします。

治験コーディネーターを始め、看護師を採用する民間企業は安定した大きな企業が多いので福利厚生も安心です。

夜勤も無く、決まった時間に働けるので子供のいる看護師の人も働きやすいでしょう。

まとめ

30代であっても、転職は不可能ではありません。

しかし求人が少なく、なかなか転職先が決まらないこともあります。

特に30代後半になるとリーダーとしての経験が求められるので、実績の少ない人には厳しい戦いになるでしょう

30代で転職するなら、今の職場を辞めず経験を積み粘り強く希望に沿った求人を探すことが大切です。