看護師

40代の看護師が転職で成功する方法とは?転職のコツと注意点を徹底解説

「40代の看護師だけど転職はできる?」

「40代の転職では何に注意すれば良い?」

看護師業界では転職が盛んなので、40代で転職を希望している人も多いでしょう。

しかし、いくら需要の高い看護師とは言っても、40代になって本当に転職が可能なのか不安に感じることもあるはずです。

そこでこの記事では、40代看護師の転職実態と転職の注意点を解説します。

今の職場に対する不安や不満を、前向きな転職で解決していきましょう。

1.40代看護師は転職可能!経験をアピールしよう

40代でも、人手不足の看護師業界なら転職は十分可能です。

20代や30代の採用を優先する職場もありますが、役に立つ経験やスキルがあれば40代でも転職のチャンスはあるでしょう。

ただし、完全未経験から正社員として40代から働くのは難しいと言えます。

実務未経験で看護師になる人は、まずアルバイトやパートなどの非常勤で経験を積んでから正社員の求人を探したほうが良いでしょう。

年齢を重ねるごとに転職のチャンスが減ってしまう40代看護師は、職場との相性がこれまで以上に重要になります

自分の経験とスキルを活かして、自分に合った新しい職場を探していきましょう。

次は、転職を検討すべき40代看護師の特徴を解説します。

今の職場が働きにくい、給与や待遇に不満がある、という人はぜひ読んでみてください。

2.こんな40代看護師は転職で環境を変えよう!

転職すべき40代の看護師の特徴

これまでの職場に愛着があり、本当に転職をすべきなのか迷ってしまう看護師は少なくありません。

また、40代で頑張って転職するより、多少不満があっても今までの職場に居続ける方が良いのではと考えることもあるでしょう。

しかし、40代でも今の状況に不満があれば転職をすべきです。

ここからは、転職を検討すべき40代の特徴を以下の通り解説していきます。

転職すべき40代の特徴

  1. 今の職場が体力的にキツイ
  2. 看護師として職場に復帰したい
  3. 今の給料に満足できない

転職に悩みを抱えている人は、ぜひ参考にしてください。

(1)今の職場が体力的にキツイ

40代になってくると、体力を使うハードな仕事がだんだん辛くなってきます。

20代、30代の頃は平気だった立ちっぱなしの仕事でも、年々負担が大きくなり腰痛に悩む人も多いです。

また、体力面のハードさから精神に不調をきたす可能性もあるでしょう。

職場に仕事を見直してもらうようお願いしたものの、辛い仕事を任せられる場合はもっと体力的に余裕のある職場に行くのがおすすめです。

(2)看護師として職場に復帰したい

これまで看護師の仕事を休んでいたものの、また看護師として働きたい気持ちがあるなら職場を新しく探すべきでしょう。

医療業界は現在人手不足で、資格を持っているものの現場に出ていない「潜在看護師」を歓迎しています。

新型肺炎の影響でとにかく人手が必要、という病院は多いので、経験が少ない看護師や、長いブランクがある看護師も就職しやすいでしょう。

これから看護師としての経験を少しでも長く積むため、早めに転職先を探すのがおすすめです。

(3)今の給料に満足できない

看護師として頑張ってきたものの、今の給料に納得できないという人は少なくありません。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査では、看護師を含む医療・介護業界全体における40〜44歳の年収が348.2万円、45〜49歳の平均が385.1万円となっています。

看護師独自のデータはありませんが、看護師は国家資格であり夜勤にも入っている人が多いので、先程の平均より年収は上になるでしょう。

それにも関わらず、平均より給与が低く、給与に自分のスキルや経験に見合っていないと感じるなら、転職で待遇の良い職場を目指すことも検討してください

経験豊富な40代の力を求めている職場はたくさんあります。

もっと自分を評価してくれる場所で、患者さんのために働くのが良いでしょう。

以上が、転職を検討すべき40代看護師の特徴でした。

転職したい、と思ったら、年齢に関わらず転職をする前提で求人探しを初めて見るのがおすすめです。

次は、40代看護師が転職に成功するコツを解説するので、本気で転職を目指すならぜひチェックしてください。

3.転職に成功しやすい40代看護師の特徴

転職に成功しやすい40代看護師の特徴

40代でも看護師であれば転職は可能ですが、20代、30代と比べると難しいケースもあります

そのため、転職の際は自分の長所をしっかり考え、役に立つ人材であることをアピールする必要があるでしょう。

転職で有利になる40代看護師の特徴は、以下の通りです。

転職で有利になる40代看護師の特徴

  1. 人当たりが良く明るい印象をもたせる
  2. 専門的な資格を持っている
  3. 管理職の経験がある

自分のキャリアを振り返りながら、確認してみてください。

特徴1.人当たりが良く明るい印象をもたせる

面接官が採用を前向きに考えるのは、人当たりが良く明るい印象の40代看護師です。

40代からの転職ということで、現場スタッフとの人間関係を不安視する面接官は少なくありません。

40代看護師の中には若いスタッフと上手く行かず、職場全体の雰囲気が悪くなってしまうこともあります。

一方、誰とでも上手くやっていける明るい性格の人なら、年齢がマイナス点になりにくいです。

後輩を指導して感謝された話、同僚と協力して機器を乗り越えた話をして、コミュニケーション能力をアピールしましょう。

特徴2.専門的な資格を持っている

専門看護師、認定看護師の資格があれば、転職先の人にも持っているスキルや経験を伝えやすいです。

もちろん40代でこれまで経験を積んできた人であれば、即戦力として前向きに採用を検討してもらえます

しかし、経験年数やエピソードだけだと、具体的にどんなスキルを持っているか分かりにくいので、専門的な資格がアピールの役に立つでしょう。

認定看護師の資格は、実務経験に加え6ヶ月の勉強、専門看護師の場合は大学院卒業後6ヶ月の勉強が必要です。

取得に時間はかかりますが、実務経験を十分に持っている40代看護師であれば挑戦してみても良いでしょう。

特徴3.管理職の経験がある

40代は、管理職としての仕事も視野に入ってくる時期です。

そのため、管理職の経験がある40代は、採用されやすくなるでしょう。

看護師の中には、現場で初役するために管理職を断る人もいます。

そのため、職場によっては管理職が足りず、40代看護師には転職後早めに管理職として働いてもらいたいと考えているところも少なくありません

管理職になって欲しい、という職場の要望に答えられる、リーダー経験豊富な40代看護師なら採用も有利になるでしょう。

以上が、転職で有利になる40代看護師でした。

40代看護師を即戦力として歓迎している職場は多いです。

資格が無く、話せそうなエピソードがない場合でも、自分の長所を考えてアピールすれば評価される可能性は高いでしょう。

次は、40代看護師が転職において注意すべき点を解説します。

転職を目指す人は、ぜひ読んでおいてください。

4.40代看護師が転職で注意すべき点とは?

40代看護師が転職時に注意すべきポイント

40代からの転職でも、自分の希望の職場に出会い理想のキャリアを実現させる人は多いです。

しかし、40代での転職には注意点もあるので、実際に転職活動を始める前に知っておいた方が良いでしょう。

40代看護師が、転職で注意した方が良い点は、以下の通りです。

40代看護師が意識すべき転職の注意点

  1. 年収が下がる可能性もある
  2. ブランクがあると正社員採用が難しい
  3. 若い職場には馴染めない可能性がある

それぞれ確認していきましょう。

注意点1.年収が下がる可能性もある

転職で働き方を変えた40代の看護師は、年収が下がる可能性もあります。

夜勤有りから夜勤なしの職場に転職する場合や、体力的な問題でシフトを減らす場合、年収は減ると考えたほうが良いでしょう。

転職を決める際は、年収が多少下がってでも今の職場を離れたいのか、しっかり考える必要があります。

ただし、年収アップを目的とした転職で、管理職や夜勤もバリバリできるという看護師なら、収入が増えるかもしれません。

理想の働き方をイメージした上で、給与とのバランスを考えましょう。

注意点2.ブランクがあると正社員採用が難しい

40代看護師でキャリアにブランクがある場合、正社員採用が難しいこともあります。

職場側は、ブランクのある人より、すぐに働ける人を優先して採用しがちです。

そのため、子育てや介護で数年看護師として働いていなかった人は、最初は研修生扱いだったり、非常勤や派遣からのスタートになる可能性もあるでしょう。

しかし、経験を積んで新しく業務を覚えれば、また正規職員への道が開かれます。

まずは非常勤から初めて仕事をこなせるようになりましょう。

注意点3.若い職場には馴染めない可能性がある

相性にもよりますが、40代看護師の中には若いスタッフとなかなか話せず働きにくいと感じるケースもあるようです。

20代〜30代の看護師がほとんど、という職場では、雰囲気が合わず仕事が長続きしない可能性もあるでしょう。

転職先とのミスマッチを防ぐには、職場の年齢層を確認し、複数の40代看護師が活躍している職場を選ぶのがおすすめです。

面接時や見学時に職員の年齢層を確認し、自分が働く姿をイメージしましょう。

以上が、40代看護師の転職で注意すべき点でした。

次は、40代看護師が転職先とのミスマッチを避け、効率よく自分に合う職場に出会うためのポイントを解説します。

転職を成功させこれまでのキャリアを最大限活かすため、ぜひ読んでみてください。

5.40代看護師にぴったりの転職サービスを知ろう

40代看護師の転職は、業界の情報をたくさん持っている転職エージェントにサポートしてもらうのがおすすめです。

求人票には書いていないものの、20代〜30代の看護師を中心に採用しているという職場は少なからずあります。

そうした職場を避け、40代を歓迎している職場を効率よく探すためには転職先の情報を多数持っているエージェントを使うのが良いでしょう。

40代看護師が登録しておきたい転職エージェントは、以下の通りです。

まずはどんな仕事があるか知るため、自分の勤務できる地域で求人を検索してみてください

まとめ

40代の看護師でも、看護師のニーズが非常に高い今なら転職は十分可能です。

ただし、20代の看護師を優先する職場もあるので、自分の持っているスキルややる気をしっかり伝え、役に立つ人材であることをアピールする必要があります

面接や履歴書の書き方を知り、有利に転職を進めるには転職エージェントを利用すると良いでしょう。

今後のキャリアを考えた上で、自分に合った職場を探してみてください。