キャリア

看護師が働きやすい病院とは?条件や求人情報・転職のポイントを解説します

「生活リズムの乱れで体調を崩しがちになったから、日勤のみで働きたい。」

「色々な仕事を任せてもらえるようになってきたのに、なかなか給料が増えないな。」

今働いている病院に不満を抱えている看護師の方。

より働きやすい病院への転職を検討しませんか?

本記事では、看護師が働きやすい病院の条件についてお話します。

また、主要な地域の求人状況や転職の際に準備しておきたいことなどにも触れていきますよ。

転職を前向きに検討できる情報をまとめてありますので、参考にしてください。

1.看護師が働きやすい病院とは?

看護師にとっての働きやすい病院の特徴

まず最初に、看護師が働きやすい病院とはどういう条件が揃っているところなのかを確認していきましょう。

働く看護師たちが希望する条件は主に以下の通りです。

  • 日勤・夜勤など自分に合う勤務時間で働ける
  • 4週8休以上の休みが取れる
  • 給料に満足できる
  • 通勤しやすい
  • パートでも産休・育休が取れる

このような条件を希望する声が多くあります。

あなたの希望する条件にも当てはまっているでしょうか?

条件を今の職場と比較してみてください。

ほとんど当てはまらない!という人は、もしかしたら一般的に言う働きづらい病院で働いているかもしれません。

そして、それ以外にも自分にとって不満に感じる部分があるのなら、転職を検討してみるのも選択のひとつです。

転職を考えている場合には、まず、自分の希望する条件を整理してみましょう。

2.転職前に自分の希望する条件を整理しておこう

前の項目では、看護師が感じる働きやすい病院についてお話しました。

この項目では、自分にとって働きやすい病院について考えていきましょう。

看護師たちが考える働きやすい病院の他にも、あなたにとって大切にしたい条件があるかもしれません。

今一度、自分にとって病院で働く上で何を大切にしたいかを整理してください。

整理できたら、大切な条件の優先順位をつけていきましょう。

例えば、あなたにとって働く上で大切な条件が5個あったとします。

その5個の条件がすべて満たされる病院にスムーズに転職できたら、それが一番嬉しいですよね。

しかし、働きやすい病院への求人は応募する人が多いでしょう。

さらに、タイミング的にすべての条件を満たす求人がないかもしれません。

条件にこだわるが故に、転職に成功しないというのは本末転倒ですよね。

そのため、条件を大切にしつつもある程度の優先順位をつけておくことは重要です。

大切な条件の中でも、絶対に譲れない条件と多少の妥協はできる条件を整理してから求人を探すようにしましょう。

ここまでは、働きやすい病院と自分にとって働く上で大切な条件について考えてきました。

次の項目では、働きやすい病院への転職について具体的なお話をしていきましょう。

3.看護師が働きやすい病院への転職は難しいのか?

働きやすい病院で勤めたいという気持ちは、誰もが持っているものですよね。

すでに働きやすい病院で働いている人は、理由がない限りその病院を辞めないかもしれません。

また、働きやすい病院の求人が出ていたらすぐに応募が集まるでしょう。

そのため、看護師にとって働きやすい病院への転職を難しく感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

転職を決めたのに、動き出してみたら転職先が全然決まらない!というのは困りますよね。

まずは、看護師の求人がどのくらいあるのかを確認してみましょう。

以下の表は、求人サイトの看護roo!転職サポートを参考に、主要な地域の看護師の求人情報をまとめたものです。

  正社員 パート
東京都 5,439件 2,559件
埼玉県 2,094件 1,190件
神奈川県 2,711件 1,694件
静岡県 944件 724件
大阪府 2,103件 1,339件
兵庫県 1,226件 941件
岡山県 905件 551件
福岡県 1,412件 609件

※2020年10月時点のデータ

求人件数を見る限り、転職先に困るということはなさそうですよね。

しかし、ここから条件を足していけばいくほど件数は減り、働きやすい病院への転職が難しくなっていきます。

そのため、条件への優先順位が大切となってくるのです。

希望の条件を設定しつつも、スムーズな転職ができるように求人を探してみてください。

ここまでが、看護師が働きやすい病院への転職は難しいのか?についてのお話でした。

次の項目では、求人の中から看護師が働きやすい病院を見つけるポイントについて見ていきます。

4.求人から看護師が働きやすい病院を見つける

前の項目では、看護師が働きやすい病院への転職は難しいのか?についてお話しました。

ここからは、具体的に求人についてのお話をしていきます。

まずは、求人サイトから自分の希望する勤務地に絞って検索してみましょう。

検索結果から、以下のポイントを参考に自分にとって働きやすい病院を探していきます。

  1. 勤務時間・休日
  2. 給料・手当など
  3. 産休・育休

ひとつずつ見ていきましょう。

(1)勤務時間・休日

勤務時間や休日を大切な条件に挙げる人は、具体的に以下のことを希望する人が多いです。

  • 日勤のみ・夜勤のみで働きたい
  • 4週8休以上の休日が欲しい

看護師に特化している求人サイトでは、これらの条件を選択形式で検索できるところもあります。

条件が選択できない場合には、フリーワードから検索すると良いでしょう。

(2)給料・手当など

給料を重要視したいという人は、まず、目安として給料の平均を知っておくことが大切です。

現実的ではない金額をイメージしていると、なかなか希望に合う求人を見つけることができなくなってしまいます。

給料や手当などの状況を把握した上で、最低限どのくらいの給料が欲しいかを設定しましょう。

表のデータは、看護roo!転職サポートに掲載されている求人情報から平均を算出したものです。

  正社員(月給) パート(時給)
東京都 約316,130円 約1,712円
埼玉県 約301,500円 約1,540円
神奈川県 約302,681円 約1,635円
静岡県 約297,533円 約1,458円
大阪府 約293,300円 約1,613円
兵庫県 約293,102円 約1,575円
岡山県 約275,414円 約1,310円
福岡県 約262,376円 約1,359円

※2020年10月時点のデータ

表にある平均給料の他に、以下の手当がプラスされる場合があります。

  • 残業手当
  • 夜勤手当
  • 賞与

希望する給料は、自分のキャリアを考慮した上で決めるようにしましょう。

  • 正看護師か准看護師か
  • 実務経験

例えば、実務経験があまりないのに、平均給料よりも多めの給料を希望しても採用してもらえない可能性があります。

自分のキャリアを踏まえた希望を設定することも大切ですよ。

(3)産休・育休

女性の看護師の中には、出産後も働き続けたいと感じている人はたくさんいます。

そのため、産休・育休を取得できるかどうかを重要視している人も多いです。

求人情報の休日・休暇の項目に産前産後休暇・育児休暇の記載があるかを確認しましょう。

パートの場合でも、勤務日数や勤務時間などの条件により、産休・育休を取得できる場合があります。

パートで働きながら産休・育休を取得したい、という人は、面接時に確認すると良いでしょう。

以上、求人から看護師が働きやすい病院を見つけるポイントを見てきました。

次の項目では、転職前に知っておきたいことについてお話します。

5.転職前に知っておきたいこと

看護師にとって働きやすい病院かをチェックするポイント

前の項目では、看護師が働きやすい病院を見つけるポイントをお話しました。

ここでは、転職前に知っておきたいことについてお話します。

良い転職をするには、働きやすい病院の条件を知ることの他にも、知っておきたいことがあります。

それは、働きにくい病院についてです。

希望の病院に転職できても、また違う不満が出てしまったら大変ですよね。

そうならないためにも、事前に知っておくと参考になるポイントをお話します。

  1. 過度な人手不足ではないか
  2. 総合病院と単科の専門病院ではどちらが働きやすいのか
  3. 仕事にやりがいを感じられるか

詳しく見ていきましょう。

(1)過度な人手不足ではないか

例えば、給料面を重視して転職をしたけど、その病院が過度な人手不足で毎日激務だった!という状況でも転職が成功したと言えますか?

他の条件に魅かれて転職をしたけど、今度は人手不足に悩まされるなんて…つらいですよね。

そうならないために、転職前に人手不足かどうかを把握しておきたいものです。

あくまで参考程度ではありますが、事前にチェックするとよい方法は3つあります。

  • 大手求人サイトに複数の求人広告を出している
  • 経験者限定求人を出している
  • 他と比べて給料が高額

この条件に当てはまれば必ず人手不足である、というわけではありません。

判断材料のひとつとして参考にしてください。

ひとつずつ見ていきましょう。

大手求人サイトに複数の求人広告を出している

まず1つ目は、大手求人サイトに複数の求人広告を出している場合です。

以下の方法で検索してみてください。

検索先 検索ワード
インターネット 〇〇病院 看護師 求人
大手求人サイト 〇〇病院

検索した結果、複数の求人サイトで求人を出していた場合には、注意した方がいいかもしれません。

慢性的に人手不足となっている可能性があります。

経験者限定求人を出している

次に、求人情報に経験者限定と条件を付けて募集している場合です。

人手不足のため、仕事を教える暇がなかったり、人材育成に力を入れていない可能性があります。

もちろん、即戦力を求めての求人はたくさんありますので、必ずしも人手不足だということではありません。

他の状況なども踏まえながら、判断材料のひとつとして把握しておいてください。

他と比べて給料が高額

最後は、他の求人と比べて給料が高額に提示されている場合です。

給料が高く設定されている場合には、理由があるかもしれません。

  • 他の病院より激務
  • 劣悪な環境などで離職率が高い

給料が高いというのは、求人において大きな魅力となります。

たくさんの募集が見込めるので、給料を高く提示している可能性があります。

給料の高い職場に転職したいという強い希望がある人にとっては、気にしなくていい項目かもしれません。

(2)総合病院と単科の専門病院ではどちらが働きやすいか

一言に病院と言っても、色々な種類がありますよね。

大きく分けると、総合病院と単科の専門病院です。

特徴を知って、自分にとってどちらが働きやすいのかを考えてみてください。

病院の種類 特徴
総合病院
  • 複数の科があるため、幅広い分野を経験することができる
  • 異動するたびに人間関係を築く必要がある
単科の専門病院
  • 1つの分野を深く学んでいくことができる
  • 他の分野を学ぶ機会が少ない

これは、今後、自分がどのようにスキルアップをしていきたいのかに関わる大切な部分でもあります。

そのため、将来設計を明確にして病院を選択すると良いでしょう。

(3)仕事にやりがいを感じられるか

仕事を長く続けていく上で、やりがいはとても大切です。

働きやすい病院に転職できたとしても、つらいことがひとつもないなんてことはありませんよね。

仕事で多少のつらいことがあったとしても、やりがいがあなたを救ってくれるでしょう。

希望の条件と一緒に、やりがいを感じられる病院や科を選ぶことも意識してください。

あなたがなぜ看護師になったのか、初心を忘れないでくださいね。

ここまでが、転職前に知っておきたいことのお話でした。

次の項目では、病院以外の選択肢について見ていきます。

6.条件を優先するなら病院以外の選択肢も検討しよう

前の項目では、働きやすい病院への転職前に知っておきたいことをお話しました。

この項目は、病院以外の選択肢についてお話します。

看護師が活躍できる場所は、病院だけではありません。

転職を検討するなら、病院以外で働くという選択肢があることも知っておきましょう。

看護師が活躍できる主な転職先は以下の通りです。

  • 高齢者介護施設
  • デイサービス
  • 訪問介護サービス
  • 保健所・健診センター
  • 企業の看護師

病院以外にも視野を広げれば、日勤のみ、土日祝日が休み、などの条件が揃うところも増えていきます。

条件を優先するなら、病院以外への転職も検討しましょう。

病院以外にも看護師が活躍できる場所があるということを覚えておいてください。

次の項目では、看護師の転職におすすめの求人サイトを紹介します。

病院以外の職場も視野にいれながら、働きやすい転職先を探してみてくださいね。

7.看護師の転職におすすめの求人サイト

前の項目では、病院以外の転職先について見てきました。

この項目では、看護師の転職におすすめの求人サイトを3つ紹介します。

あなたにとって働きやすい転職先の条件をよく整理した上で、求人を探してみてくださいね。

求人サイト 特徴
看護roo!転職サポート
  • 基本、登録不要
  • 転職のノウハウ集がある
  • 登録することで様々なサポートが受けられる(求人紹介/応募手続き代行/体験談/面接の練習)
看護のお仕事
  • プロのアドバイザーがサポート
  • 好条件の求人を紹介
  • 職場環境が把握できる
  • 給料の交渉をしてくれる
医療WORKER
  • 90,000件以上の求人数(非公開求人含む)
  • 医療WORKERだけの非公開求人がある
  • 看護師専門のアドバイザーがサポート

まとめ

本記事では、看護師が働きやすい病院についてお話をしてきました。

働きやすい病院についての疑問などは解消されたでしょうか?

記事を参考に、自分が働きやすい病院の条件をしっかり整理してください。

その上で転職活動をすれば、きっとより良い環境の職場へ転職することができますよ。