キャリア

看護師の仕事がとにかく大変!辛い理由と解決法を一つずつ解説

「看護師の仕事が大変すぎる」

「毎日仕事に行くのが辛い」

こうした悩みを抱える看護師は少なくありません。

看護師の仕事は精神的にも肉体的にも負荷が大きく、深刻なストレスにつながります。

しかし、辛くなる原因を突き止めず、いきなり転職をするリスクは非常に高いでしょう。

この記事では、看護師が仕事を大変だと思う理由と、適切な解決法を紹介していきます。

大変な仕事を少しでも楽にして、笑顔で明るく働きましょう。

1.看護師の仕事は大変!辛くなる理由を解説

看護師の仕事が大変な理由

仕事が大変で、毎日つらい気持ちになっている看護師は少なくありません。

命を預かるという責任の重さに加え、看護師はの仕事は身体を使うものが多く負担も大きいでしょう

しかし、具体的にどんな点を一番大変だと感じるかは看護士によって違います。

看護師の多くが仕事を負担に感じる理由は、以下の通りです。

看護師の仕事が大変な理由

  1. 仕事の量が多い
  2. 休日にも出勤がある
  3. 仕事を覚えられない
  4. 人間関係が良好ではない
  5. 医療事故への不安がある

自分の仕事を振り返りながら、何が一番辛かったか考えてみましょう。

理由1.仕事の量が多い

人手不足の職場では看護師1人あたりの業務量が多く、毎日の仕事が大変になります。

看護師の仕事にやりがいを感じていても、自分ができる以上の仕事を毎日強いられれば負担になってしまうでしょう。

病院によっては、看護師1人が10人の患者を担当するというケースも少なくありません。

あまりにも業務が多く、残業が続く状態だと睡眠不足になり健康にも悪影響です。

理由2.休日にも出勤がある

看護師は命を預かる仕事であるため、緊急時には休日でも出勤しなければいけません。

また、どうしても病院の人手が足りないときは、休日を返上してシフトに入るという看護師も多いでしょう。

いくら看護師が世の中に必要不可欠な仕事だと理解していても、本来休むべき日に仕事があると十分な休息が取れません

勤務日のストレスを解消できないまま仕事に臨むと、ミスも増えさらに辛い気持ちになる人もいるでしょう。

理由3.仕事を覚えられない

新人のうちは、複雑な看護師の仕事をなかなか覚えられず毎日大変だと感じる看護師が多いです。

看護師の仕事は診療科や職場、入院している患者の状態によって大きく異なります。

そのため、学校での研修や、事前に聞いていた内容と実際の仕事が違うという例は頻繁に起こるでしょう。

なかなか仕事を覚えられず、先輩や上司に怒られる日々が続けば出勤するのを辛く感じるのも自然です。

理由4.人間関係が良好ではない

職場の人間関係が悪い状況で、毎日働くのは非常に大変です。

看護師の勤務する職場は常に忙しいため、心に余裕を持つのは難しくなります。

忙しさによるストレスがひどければ、同僚の看護師にいじめをしたり、嫌がらせをしたりする看護師も少なくないでしょう。

ギスギスした雰囲気の職場に毎日通うのは、大きな精神的苦痛になります。

理由5.医療事故への不安がある

看護師は常に医療事故への不安を感じながら働いているため、精神的な負担は大きくなります。

医療行為は非常に責任が重く、手順を1つでも間違えれば患者さんが亡くなってしまう可能性も少なくありません。

また、後輩を指導する立場になれば、自分だけでなく後輩がミスをしないよう気を配る必要があります

こうした緊張の中過ごす毎日は、大きなストレスになるでしょう。

以上が、看護師の仕事が大変な理由でした。

看護師の仕事は、簡単にこなせるものではありません。

たとえ1人前になり後輩を指導する立場になっても、仕事を辛いと思う看護師は少なくないでしょう

実際、仕事が大変で「辞めたい!」と感じた看護師は過半数を超えています。

次は、看護師を取り巻く仕事の状況を解説するので、ぜひ読んでみてください。

2.仕事が大変だと感じる看護師は多い

看護師が大変だから辞めたい

毎日の仕事が大変で、「看護師を辞めたい!」と感じる人は少なくありません。

看護師向け転職エージェント「看護roo!」のアンケートでは、看護師のうち約8割が「辞めたいと考えたことがある」と回答しました。

看護師の仕事を負担に感じている人は、かなりの数いると言えるでしょう。

日本看護協会の発表では、看護師は他の仕事と比べて量的労働負荷、労働負荷の変動が大きく、ストレスが溜まりやすいとされています。

通常の業務が多いことに加え、緊急や救急での対応など予想できない業務の発生にストレスを感じるのは看護師として自然です。

しかし、ストレスが溜まると精神疾患につながる恐れもあるので、看護師はストレス管理を徹底する必要があるでしょう。

しかし、具体的に仕事の大変さをどう解消していくか悩んでいる人は多いはずです。

そこで次は、看護師の大変さを解消していく方法と、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

自分に合った解決法で、明るく働ける日々を手に入れましょう。

3.大変さの解決法とそれぞれのメリット・デメリット

看護師の大変な仕事への対処法

大変な看護師の仕事をこなすには、ストレスを上手く解消し職場を改善していかなければいけません。

ストレスを溜めすぎると、精神的に落ちこんでしまい看護師を続けるのが難しくなる可能性もあります

仕事が大変で辛い人は、早めの対処が大切です。

ここからは、看護師の仕事の大変さを解消する主な方法と、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

仕事のストレスを解消する方法

  1. 上司や先輩に相談する
  2. 働き方を変える
  3. しばらく仕事を休む

自分に悩みに合わせて最適な対処法を見つけましょう。

方法1.上司や先輩に相談する

仕事が大変で悩んでいるなら、まずは今の職場に勤めたまま上司や先輩に相談してみましょう。

業務量が多い、シフトに不満がある、という場合は、上司に相談すれば調整も可能になるはずです。

また、かつて同じ悩みを抱えた先輩に悩みを話すことで、辛い気持ちが落ち着くこともあるでしょう。

まずは1人で悩まず、周りの人に辛い状況を相談してアドバイスを求めてください。

方法2.働き方を変える

今の勤務体系が辛いなら、働き方を変えるのもアリでしょう。

同じ職場でも、非常勤看護師として働く、夜勤をせず日勤のみで働くなど今と違った働き方をすれば、精神的な負担を抑えることは可能です。

特に育児や介護との両立が必要であれば、夜勤を含むフルタイム勤務は難しいので働き方を見直さなければいけません

今の生活を見直して、仕事を自分の状況に合うよう調整していきましょう。

方法3.しばらく仕事を休む

仕事が大変で精神的に限界を迎えている場合は、休職するという方法もあります。

看護師の仕事はストレスは溜まるので、十分に休みが取れない場合は精神的に追い込まれやすいです。

もう限界だ、と感じているなら、しばらく仕事を休んで自分の体調を回復させましょう

仕事を休むことに不安を持つ看護師は多いですが、もし今の職場に戻れなくても転職は可能です。

元気になってから、また看護師として活躍しましょう。

以上が、看護師の仕事が大変な時の解決法でした。

今の職場で看護師を続けたい場合は、上司や先輩に相談したり、休みを取ったりしてストレスを解消しましょう。

一方、「相談したけど対応してもらえなかった」「自分では解決できない悩みで困っている」という人は、異動や転職を検討してください

次では、良い職場、悪い職場の特徴をそれぞれ紹介していきます。

職場の環境が改善できない場合は、ぜひ読んでみてください。

4.自分に合った解決方法は職場の環境を見て決めよう

看護師の仕事が大変な人は、職場の環境が良いかどうかを判断して異動や転職をするか決めるのがおすすめです。

職場の環境が良い場合は、休みを取ったり、趣味に打ち込みながら今の環境で働くのが良いでしょう。

良いと言える看護師の職場の特徴は、以下の通りです。

  • 教育や研修の体制がしっかりしている
  • 嫌がらせをする人がいない
  • 上司が話を聞いてくれる
  • 残業を減らそうという動きがある
  • 理想とする先輩看護師がいる
  • 残業代や手当が満額出る

5年後、10年後も自分が同じ職場で働くイメージができているなら、大変でも今の職場に残りキャリアアップするのが良いでしょう。

しかし、職場の環境が悪く自分ではどうしても大変さを解消できない場合は、転職を検討してみてください

転職を検討すべき職場の特徴は以下の通りです。

  • 職場でいじめを受けている
  • 給料が満額出ていない
  • 体力以上の重労働を強いられる
  • セクハラ・パワハラがある
  • 残業時間が長く負担になっている

以上の職場は、体調を崩す前に辞めた方が良いでしょう。

自分の心と身体を守るため、今の職場をしっかりと見直してみてください。

5.転職をする場合は早めに情報収集を!

もし今の職場で悩みが解決できない場合、転職をするのもアリでしょう。

看護師のニーズは全国各地で高く、年齢を問わず他の業界と比べ転職はしやすい状況です。

しかし、「転職先の仕事も大変だった」「むしろ転職前の方がマシだった」といった事態にならないよう、職場の見極めが必要になります。

自分が明るく働ける職場へ転職するには、看護師向けの転職サイトや転職エージェントで早めに情報収集を行うのがおすすめです。

求人情報が豊富で探しやすい看護師向けの転職サービスは、以下の通りです。

キャリアアドバイザーの付くサービスなら、転職先選びのアドバイスや転職先の調査を行ってもらえます。

複数のサービスを利用して、積極的に情報を集めましょう。

まとめ

看護師の仕事は非常に大変なので、ストレスを感じている人は多いです。

しかし、「もう仕事を辞めたい!」と思っている人も、いきなり退職せずまずは今の仕事を見直してみてください

今の自分の悩みに合った対策を取れば、働く環境が良くなる可能性は十分あるでしょう。

自分なりに解決策を試してから、このまま仕事を続けるかどうか決めてください。