看護師

看護師が辛い人必見!辞めない方が良い人の特徴と今すぐできる対処法

「看護師の仕事が辛い」と、お悩みではないでしょうか。

看護師は、毎日責任を感じながら激務をこなしているため、「仕事が辛い」と感じることも珍しくありません。

つまり、看護師で辛いと感じている人は多いです。

そこで、本記事では以下の項目について紹介します。

  • 看護師で辛いと感じる理由
  • 辛いときの解決策
  • 辛いと感じていても続けると良い人の特徴
  • 看護師の転職先選びのコツ
  • 転職できないよくあるケースと対処法

自分に合った解決方法を見つけて、辛い状況から抜け出しましょう。

1.看護師で辛いと感じる人は非常に多い!その理由は?

看護師の仕事が辛い理由

看護師は、人の生死に関わる業務を行うためやりがいを感じられる職業です。

一方で、責任が重くかかることや長時間労働が続くことも多く、「辛い」「辞めたい」と思う時もあるでしょう。

看護師として働いていて、辛いと感じる理由は以下のようにさまざまです。

  • 人間関係が悪い
  • 残業など労働環境が悪い
  • 給与や待遇への不満
  • 医療ミスをすることへの不安

看護師を辞めたいと思う人の理由は、人間関係や職場の労働環境が多いです。

看護師は女性が多い職場であり、人間関係が独特で複雑になりやすいと感じる人も少なくありません。

人によっては、「いじめを受ける」「パワハラをされる」などの問題に直面することがあります。

また、人手不足などが理由で業務量が増えて、長時間労働になることも多いです。

毎日残業が続いて疲労が抜けず、ストレスが溜まって辛いと感じることもあります

辛いと思っている人は多く、自分が悪いわけではないと知っておくことが、メンタルのケアには大切です。

2.実は看護師が辛いと悩む人の多くは適性がある人

看護師の仕事に真剣だからこそ、辛いと悩んでいることがほとんどです。

言い換えると、看護師が辛いと悩んでいる人の多くは適正がある人と言えるでしょう。

看護師の資格を取ってここまで努力してこれたからこそ、看護師に向いているはずです。

そのため、看護師が辛いからといって、焦って看護師から異業種に転職するのはもったいないでしょう。

職場や働き方を変えることで解決できる悩みは多いため、看護師が辛いと感じたらまずは働き方を見直してみると良いです。

2ー1.職場や働き方を変えることで解決する悩みは多い

職場の人間関係や業務のハードさで悩んでいる場合は、職場や働き方を変えれば解決することがあります

看護師が辛いと悩んでいる人には、以下のようにさまざまな選択肢があるでしょう。

  • そのまま同じ職場で働き続ける
  • 看護師として転職する
  • 看護師以外の仕事に転職する

現状の悩みを解決するために、本当に看護師を辞めるべきなのか悩んでいる人もいるはずです。

その場合は、同じ職場で異動するか、別の職場に転職することで、看護師を続けながらも悩みを解決できる可能性があります。

人間関係や業務量の多さで辛いと感じている人は、まずは異動から考えてみると良いでしょう。

同じ職場での異動は、転職よりも時間や労力を使わずにローリスクでできるためです。

配属される診療科によって、人間関係や業務量は大きく変わります。

もし、異動できる可能性が低い場合や異動では解決しない悩みであれば、転職して働き方を変えることを考えてみましょう。

3.今辛いと感じていても看護師を続けると良い人の特徴

看護師が辛いと感じている人でも、今すぐに辞めるべきではない人もいます。

看護師を続けるべき人の特徴は以下の通りです。

  1. 仕事に慣れていない3年以内の人
  2. 医療ミスが不安で辛い人

それぞれ詳しく見ていきましょう。

特徴1.仕事に慣れていない3年以内の人

看護師として1年目や2年目の新人の場合は、今すぐ辞めずに続けた方が良いケースが少なくありません。

なぜなら、仕事に慣れれば問題が解決する可能性が高いためです。

仕事を始めたばかりの頃は、覚えることが多く、新しい人間関係を築くことになるため大変に感じやすいでしょう。

最初は慣れない仕事ばかりなので、先輩や上司など周りの目も厳しくなりやすいです。

看護師の仕事は小さなミスも許されないので、頻繁に怒られることもあります。

精神的に辛いと感じてしまうかもしれませんが、仕事に慣れれば辛さは軽減できる可能性が高いです。

看護師の仕事が辛いと感じていても、体調の面で影響がないのであれば、まずは3年以上働いてみると良いでしょう。

3年以上働くことで、仕事に慣れてきて悩みは忘れられることもあります

特徴2.医療ミスが不安で辛い人

医療ミスが不安で辛く感じている人も、焦って転職しない方が良いです。

業務への考え方を変えれば、辛さも軽減されることがよくあります。

看護師は、直接人の命に関わる仕事のため、医療ミスが不安で辛いと感じている人もいるでしょう。

小さなミスも許されない職場で、常にプレッシャーや不安を抱えていることが多いです。

しかし、職場を移ってもミスへの不安がなくなることは少ないでしょう。

仕事に慣れることで、ミスを減らせる可能性が高く、万が一のことがあっても先輩がカバーしてくれるはずです。

不安を抱えているからこそ、1つひとつの業務に丁寧に取り組めると前向きに考えてみてください。

4.看護師が辛いときに行うと良い3つのこと

看護師の仕事が辛いときに行うべき対処法

看護師が辛いと思ったら、まずは休養をとったり自分の将来のキャリアを考えたりと、動いてみると良いです。

辞めることを考える前に、以下の3つのことを行ってみましょう。

  1. 休養をとる時間を増やす
  2. なりたい看護師像や将来のキャリアについて考える
  3. 今の悩みが職場を移ることで解決しないのかを考える

どれも取り組みやすいものなので、ぜひ試してみてください。

ポイント1.休養をとる時間を増やす

仕事が辛いと感じたら、自由参加の勉強会や帰宅後の自主勉強などを休んで、気持ちや体を休めると良いです。

看護師の仕事が辛く本当に限界と感じている場合は、有給休暇を利用して仕事から離れるのもありでしょう。

仕事を休んでいる間は、趣味やスポーツに没頭してリフレッシュすることが大切です。

休暇を楽しく過ごすことで、今後自分がどうしていきたいかがわかってくる可能性もあります。

ポイント2.なりたい看護師像や将来のキャリアについて考える

なりたい看護師像や将来のキャリアについて考えることで、仕事に対するモチベーションを上げられるかもしれません。

具体的な目標が決まれば、目の前の業務にも前向きに取り組みやすくなります。

例えば、将来的に行きたい診療科や、専門的に学びたいことを考えてみてください。

やりたいことを考えることで、辛い気持ちよりも頑張りたい気持ちが膨らむはずです。

一方で、看護師の中には、人間関係で悩んでいる人もいるでしょう。

職場の人間関係で悩んでいる人は、現在の周囲の人を反面教師にして、「周りに良い影響を与えられる看護師になる」と考えるのも良いですね。

ポイント3.今の悩みが職場を移ることで解決しないのかを考える

辛いと感じる原因が少しでも解決する可能性があるなら、看護師を辞める前に職場を移ることを考えてみると良いでしょう。

気持ちが楽になれるところに部署移動することで悩みが解決しそうであれば、上司に相談してみるのもありです。

しかし、異動の希望を出したからと言って、必ず異動できるわけではありません

そのため、異動が難しそうであれば、職場を変えるために転職活動をしてみてください。

転職できた場合は、今の人間関係や働き方が変わるので、新しい環境で新鮮な気持ちで働けるはずです。

5.看護師が辛いから職場を変えたい!転職先選びのコツは?

看護師が転職先選びで失敗しないコツ

「看護師が辛いから職場を変えたい」と考えている人もいるでしょう。

しかし、焦って転職しても今の悩みは解決しない恐れがあります。

転職先を選ぶときのポイントは以下の2つです。

  1. 今の悩みが解決する職場かどうか焦らず見極める
  2. 転職エージェントやコンサルタントに相談に乗ってもらう

それぞれ詳しく見ていきましょう。

コツ1.今の悩みが解決する職場かどうか焦らず見極める

看護師が辛いと感じている原因が、転職先で解決できるのかを見極めることは大切です。

同期や先輩に内部情報を聞いたり、転職エージェントを頼ったりすると良いでしょう。

せっかく転職できても、同じ悩みができてしまっては意味がありません

そのため、焦らずに今の悩みが解決できるかどうかを判断するようにしましょう。

コツ2.転職エージェントやコンサルタントに相談に乗ってもらう

転職したいと思っている人は、転職エージェントやコンサルタントに相談に乗ってもらうと良いでしょう。

転職エージェントは転職に関する相談から、転職活動のサポートまで行ってくれます。

転職エージェントに登録をしても必ず転職をしなくてはいけないわけではなく、転職の相談だけでも可能です。

看護師が辛いと感じていても、今辞めるべきなのか迷っている人も珍しくありません。

転職エージェントに登録することで、転職のプロから適切なアドバイスをもらえます

6.看護師が辛いのに転職できないよくあるケースと対処法

看護師が辛いため転職しようと決めた人でも、今の仕事を辞められないケースがあります。

看護師を辞められないと感じるよくある理由は、以下の2つです。

  1. 上司や同僚に強く引き止められる
  2. 奨学金制度に定めた期間中の退職を断られる

さまざまな理由で辞められない場合がありますが、対処法についても紹介するので参考にしてみてください。

ケース1.上司や同僚に強く引き止められる

退職の希望を出しても、上司や同僚に強く引き止められることがあるでしょう。

退職の許可が下りないので、「転職したいけれど辞められない」と悩む人は多いです。

しかし、退職を引き止められたとしても、すべての労働者には辞める権利があるので絶対に辞められない職場はありません。

「あなたが辞めてしまうと人手が足りなくなる」と言われたとしても、足りない人員を確保するのは経営側の仕事のため、責任を感じる必要はないでしょう。

上司に退職の希望を伝えても拒否された場合は、人事部や総務部に直接相談してみると良いです。

ケース2.奨学金制度に定めた期間中の退職を断られる

奨学金制度を利用したことで、返済期間中の退職を断られるケースもあります

しかし、奨学金制度の返済期間を満了しなくても退職可能です。

労働基準法では、契約期間を満了していないという理由で、違約金や損害賠償の契約はできないと決められています。

そのため、奨学金の返済期間中を理由に退職を引き止めることは禁止されているのです。

奨学金の返済期間中でも退職可能なので、看護部長などに退職の希望を伝えてみましょう。

ただし、奨学金の返済期間中に退職しても返済は必要になるので注意が必要です。

7.看護師が辛いときに相談しやすい転職エージェント3選

「看護師が辛い」「転職して別の職場で働きたい」と思ったときは、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

看護師が辛い時に相談しやすい転職エージェントは以下の3つです。

  1. 看護roo!
  2. ナースではたらこ
  3. ナースパワー

自分の悩みや状況を相談して、今の職場で働き続けるべきなのか、転職するべきなのか判断してみてください。

エージェント1.看護roo!

看護roo!は、情報収集や応募手続きの代行など、手厚いサポートをしてもらえることが特徴の転職エージェントです。

転職のプロに希望条件を伝えて、どれを妥協すればより多くの求人が見つかるのかを相談できます。

求人数が多いので、たくさんの選択肢から選びたい人にピッタリでしょう。

看護roo!では、電話やメールでも相談できるため、まとまった時間を確保できない人でも利用しやすいです。

さまざまな転職希望者に求人を紹介してきたキャリアパートナーと相談しながら、転職活動を進められます。

2021年1月現在の求人数は、53,570件です。

サイト名 看護roo!
URL https://www.kango-roo.com/career/
特徴
  • 手厚いサポートをしてもらえる
  • 相談しながら自分に合った職場を見つけられる

エージェント2.ナースではたらこ

ナースではたらこは、行きたい転職先を逆指名できる制度を導入している転職エージェントです。

具体的に働きたい病院が決まっている人は、希望の場所が求人を出しているかどうか相談できます。

「ここの病院で働きたい」など、具体的に働きたい施設が決まっている人にピッタリです。

担当のアドバイザーが退職から転職、入職までサポートしてくれます。

また、24時間電話での相談を受け付けているので、自分のペースで転職活動を進められるでしょう。

2021年1月現在の求人数は、12,178件です。

サイト名 ナースではたらこ
URL https://iryo-de-hatarako.net/
特徴
  • 働きたい転職先があれば逆指名できる
  • 退職から転職、入職までサポートしてくれる

エージェント3.ナースパワー

ナースパワーは、北海道や沖縄、首都圏、離島などで働く、応援ナースというリフレッシュしやすい求人が豊富の転職エージェントとなっています。

3ヶ月〜6ヶ月程度の限定された期間で働ける求人が豊富なので、期間限定の求人を探している人にピッタリです。

「場所を変えて働きたい」「短期で働きたい」などの相談がしやすいでしょう。

電話やメールで相談ができ、希望の条件に合った求人を紹介してくれます

また、他の転職エージェントと比べると紹介料が安めなため、採用されやすい傾向があるでしょう。

2021年1月現在の求人数は、57,686件です。

サイト名 ナースパワー
URL https://www.nursepower.co.jp/
特徴
  • 離島の応援ナースなどリフレッシュしやすい求人が多い
  • 期間限定で働ける求人が多い

まとめ

看護師として働いていて、辛いと感じる人は多いです。

辛いと感じたまま働き続けると、大きなトラブルになりかねないため、注意しなければなりません。

一方で、ほとんどの人は看護師に適性があるので、すぐにやめてしまうのはもったいないです。

辛いと感じているなら、一度休んで気持ちを落ち着かせて、今後のキャリアについて考えてみましょう