看護師

50代看護師の転職は難しくない!成功させるコツやアピールポイントを確認

「50代だけど看護師として転職できるのかな?」とお悩みですね。

一見、50代で転職する先があるのか不安になるかもしれません。

結論から言うと、50代だからこそのアピールポイントをしっかり押し出せば、転職後も看護師として働き続けられます。

今回は、50代看護師のアピールできるポイントや成功させるコツをご紹介!

長く働き続けるための条件も紹介しているので、転職の参考にしてください。

自分の生活や体力に合わせた職場を探し、生き生きと働きましょう

1.50代看護師の転職は難しいの?3つのアピールポイントとは

50代の看護師の転職時におけるアピールポイント

「50代の看護師が転職することはハードルが高いのかな?」と、転職に一歩踏み出せない人もいるかもしれません。

しかし、50代だからといって不利になることはほとんどありません

むしろ、上手くアピールすれば良い転職先を見つけられます。

50代の看護師のアピールポイントは、以下の3つです。

  1. 実績があるので安心して採用できる
  2. 若い子のまとめ役をお願いできる
  3. 結婚・出産による退職が少ない

3つのポイントを確認していきましょう。

ポイント1.実績があるので安心して採用できる

50代の看護師だと、長年の実績があるため安心して採用できると思われます。

50代であるということは、新卒から働いていれば看護師として30年の経験があるということです。

現場で多くのスキルや知識を付けているとみなされます。

採用する病院も、経験豊かで即戦力のある人材を欲しているケースが多いです。

たとえば、以下のような実績を伝えましょう。

  • 就いたことのある役職やポジション
  • 認定看護師などの資格

今までの経歴や実績をしっかりアピールしてくださいね。

ポイント2.若い子のまとめ役をお願いできる

病院は50代の看護師であれば、若い看護師たちのまとめ役をお願いできると考えます。

長い間、看護師として現場で働いていたのであれば、リーダーや主任、看護師長などの経験がある人も少なくないでしょう。

このような経験があれば、すぐにリーダー職として採用できます。

もし、役職についていなかったとしても、現場での立ち回りや人材育成をどのように行っていたかを話すことで、アピールポイントとなるでしょう。

ポイント3.結婚・出産による退職が少ない

50代看護師であれば、結婚・出産による退職が少ないため重宝されます。

というのも、せっかく採用して人材育成をしても、結婚・出産を理由に数年で退職してしまう人も多いからです。

特に20代〜30代であれば、結婚・出産をきっかけに退職してしまう可能性があります。

人手不足で悩んでいる医療機関が多い中、「できるだけ長く勤めて欲しい」というのが本音です。

その点、50代であれば退職リスクは低く、定年まで安心して働いてもらえます

「定年まで働きたい」という意志をしっかり伝えて、活躍期間が長いことをアピールしましょう。

2.50代看護師が転職を考える3つの理由

50代の看護師が転職を考える理由

そもそも、50代看護師がなぜ転職を考えるようになるのでしょうか。

「なんとなく転職したい」と考えるようになった人も、理由を明確にすることで次の職場探しに役立ちます

50代看護師が転職を考える3つの理由は、以下の通りです。

  1. 体力が持たない
  2. プライベートの時間を見直したい
  3. 転職をきっかけに昇進したい

順番に確認していきましょう。

理由1.体力が持たない

50代になると、「体力が持たない…」と感じる看護師が増えます。

なぜなら、夜勤や救急対応などが多いと、どうしても疲労が溜まるからです。

医療機関によっては残業も多く、体力に自信があった人も50歳を超えると疲れが取れなくなってきます

50歳を境に「体力的な負担を軽くしたい」と思い、転職を考える人が多くなるのです。

理由2.プライベートの時間を見直したい

50代になると子育てが終わり、プライベートの時間を見直したいと考える人も増えてきます。

「旦那が定年を迎えた」という人も中にはいるかもしれません。

そうなると、「もっとゆったりと働きたい」と考えるようになってきます。

「夫や孫と過ごす時間を増やしたい」「もう少しのんびり働こう」と意識の変化が生まれやすいです。

給与よりも時間にゆとりのある働き方を求めて、50代で転職を検討する人が増えます。

理由3.転職をきっかけに昇進したい

転職をきっかけに昇進したいと考える50代もいます。

すでに管理職が同年代や年下であると、なかなか現在の職場での役職登用が期待できません。

「もう少しキャリアアップを目指したい」という人であれば、転職先で管理職につくことを目指せます。

逆に、現在の職場で管理職の打診をされているものの、責任が重くなることが嫌で管理職を避けたいと考える人も少なくありません。

現場で働き続けるために転職を検討する人もいるのです。

このように、自分の思う働き方を叶えるために転職を検討する50代看護師は一定数います。

3.50代看護師が転職でネックになる2つのこと

50代看護師が転職を決意する前に、知っておきたいネックになりうることを確認しておきましょう。

ネックをカバーできるような自己PRができると、採用されやすいです。

50代看護師が転職でネックになりうることは、2つあります。

  1. 給料が高い
  2. 実績がないと若い子の多い職場で採用しにくい

順番に確認していきましょう。

(1)給料が高い

若い看護師を雇うときよりも、給料が高くなることをネックと考える医療機関もあります。

当然、20代・30代の看護師と比べると、スキルが高く経験が豊富です。

その分、給料を上乗せしなければならず、高い人件費をリスクだと考えられるかもしれません。

「今より高い給料が欲しい」と思うことは当然でしょう。

しかし、あまり高い給料を要求すると採用され辛くなります

「できれば今の給料はキープしたいが、入社後に高評価を獲得して給与を上げていきたいと考えている」という意志を表明しましょう。

(2)実績がないと若い子の多い職場で採用しにくい

若い看護師の多い職場だと、実績がないと採用しづらいと考えられてしまいます。

なぜなら、若い看護師と同じ階級で採用しづらいからです。

特に、若い看護師ばかりの職場だと「人間関係や雰囲気に合わない」と判断されてしまうかもしれません。

また、若い看護師の多い職場では「年長者は管理職についてほしい」と考えるものです。

しかし、実績のない人を管理職やリーダー役に置くことはできません。

今までやってきた後輩育成の経験を伝え、若い看護師への指導力があることもアピールしましょう

4.50代看護師が転職を成功させる3つのコツ

50代の看護師が転職を成功させるコツ・ポイント

50代看護師が転職する時にネックになりうることを読んで、自信をなくした人もいるかもしれません。

しかし、50代看護師が転職を成功させるコツを知っておけば、良い職場と巡り合えます。

50代看護師が転職を成功させるコツは、以下の3つです。

  1. こだわりを捨てる
  2. 転職の目的を明確にする
  3. 転職サイトを利用する

順番に見ていきましょう。

コツ1.こだわりを捨てる

こだわりを捨て視野を広く持ちましょう。

なぜなら、50代の転職では採用側も採用希望側もこだわりが強いことが原因で、なかなか職場が決まらないからです。

たとえば、自分は「若手を教育してきたマネジメント力を買って欲しい」と思っていても、採用側は経験や専門性を発揮できる即戦力が欲しいと考えているかもしれません。

他にも、以下のようなこだわりによって就職先が決まらないことが多いです。

  • 高年収
  • 役職
  • 看護の考え方・価値観

医療機関側の要望や考え方を柔軟に受け止め、今までのこだわりを捨てて入職する勇気を持ちましょう。

視野を広く持ち、「多少給料が低くなったりしても、やりたい仕事ができるなら応募してみよう」と前向きに求人探しをしてみてください。

そうすることで、多くの選択肢から転職先を見つけることができます。

コツ2.転職の目的を明確にする

転職活動をする前に、転職の目的を明確にしましょう。

なぜなら、転職活動をしていると、より良い条件の職場を求めてしまうからです。

確かに、年収は高ければ高いほど良いですし、残業や夜勤がないことに越したことはありません。

たとえば、「ゆったりと余裕を持った働き方をしたい」と思っていたとしましょう。

しかし、より高い年収の職場を求めているうちに「残業も夜勤もある職場」に転職してしまったという人もいます。

せっかく転職したのに、求めていた働き方が叶わなかったら本末転倒です。

しっかりと転職の目的を明確にし、目的を達成できる職場を探しましょう。

コツ3.転職サイトを利用する

転職を成功させたいのであれば、転職サイトを利用しましょう。

転職サイトを使えば、以下のようなサポートをしてもらえます。

  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 履歴書・職務経歴書の添削

また、面接の日程調整や入職前の条件交渉も代行してもらえるので一人で心細い転職活動において心の支えになるはずです。

あなたの実績や経歴、年齢に合わせたアピールポイントを一緒に分析してもらえるため、安心して転職活動にのぞめるでしょう。

5.50代看護師ならどんな働き方をすべき?長く働くための条件

50代看護師ならどんな働き方をすべきか悩みますよね。

今までのような体力がなくなったことを考慮しつつ、経験を活かせる職場が良いでしょう。

今後長く働きたいと思っているのであれば、以下の3つの条件を満たす働き方を模索すべきです。

  1. 夜勤や残業が少ない
  2. 現場よりもマネージャーとして活躍できる
  3. やりがいをもって働ける

順番に見ていきましょう。

条件1.夜勤や残業が少ない

夜勤や残業が少ない職場を選びましょう。

50代に突入すると、「疲れが取れない」「無理ができなくなった」という人が多いです。

体力を消耗しないようにするために、長時間労働を控え、規則正しい生活を送れる働き方を選びましょう。

たとえば、以下のような職場であれば夜勤や残業が少ないです。

  • デイサービス
  • 訪問看護

今は体力的に大丈夫でも、5年後も働き続けたいと思っているのであれば、夜勤や残業の少ない職場を選ぶことをおすすめします

条件2.現場よりもマネージャーとして活躍できる

現場で働くよりも、マネージャーなどまとめ役・リーダー役として働ける職場を選びましょう。

なぜなら、やりがいと収入アップの両方を見込めるからです。

やりがいを持ちながら収入も安定していれば、「やめたい」「転職したい」と思うきっかけが少なくなります。

今までの経験を若い看護師に伝えて指導したり、チームマネジメントをしたりする経験は、なかなかできません。

責任が重い分、やりがいを感じるでしょう。

また、役職手当がつく分、今までより高い年収が見込めます

今まで以上に良い仕事ができるようになるはずです。

条件3.やりがいをもって働ける

何よりも、やりがいを持って働ける職場を選びましょう。

なぜなら、やりがいのない仕事は長く続けられないからです。

人によっては、役職に就いて責任感ある仕事を任されるとやる気が出るという人がいます。

一方で、現場で患者とじっくり向き合って看護ケアを行いたいという人もいるはずです。

このように、看護師としてどのようなやりがいを持って働きたいのかは人によって違います。

自分がやりがいを感じながら働ける職場を探しましょう。

6.50代看護師が転職するなら転職サイトの利用がおすすめ!

50代看護師が転職するのであれば、転職サイトを利用すると成功する確率がアップします。

人気の転職サイトは、以下の3つです。

  1. 看護のお仕事
  2. 医療ワーカー

求人に年齢を記載することは法律上禁止されているので、50代看護師の募集がどれほどあるかをそれぞれ記載することはできません

しかし、どの転職サイトも求人数は多いです。

順番に見ていきましょう。

転職サイト1.看護のお仕事

看護のお仕事は、常勤だけでなく派遣やパートなどの求人も多く取り扱っている転職サイトです。

  • 正社員・パート:97,000件以上
  • 派遣・紹介予定派遣:6,000件以上

上記のように多くの求人情報が見つかりました。

業界最大級の求人の多さなので、選択肢が広く自分にぴったりの職場がみつかりやすいです。

「ゆったり働きたい」「年収にこだわらない」という人は、派遣やパートの仕事も比較しながら、仕事探しができます。

また、次のような幅広い職場を取り揃えていることも特徴です。

  • 大きな病院
  • クリニック・診療所
  • 介護施設

登録しなくても求人検索ができるので、一度確認してみましょう。

転職サイト2.医療ワーカー

医療ワーカーとは、看護師から4年連続支持率No.1である看護師のための転職サイトです。

求人掲載数が多く、実際に検索すると80,000件以上もの求人情報が出てきました。

医療ワーカーでは、医療機関以外にも民間企業や介護施設など幅広い職場の求人を取り扱っています。

さまざまな転職先を検討したい人におすすめです。

もちろん、履歴書の添削や面接サポートも行ってもらえるので、初めてでも効率的に転職活動を進められます。

まとめ

50代だからこそのアピールポイントをしっかり押し出せば、転職して看護師として働き続けられます

以下の3つのアピールポイントをしっかり採用担当者に伝えましょう

  1. 実績があるので安心して採用できる
  2. 若い子のまとめ役をお願いできる
  3. 結婚・出産による退職が少ない

50代であっても積極的に転職活動をして、自分らしく働ける職場を見つけてください!