キャリア

【最新版】栄養管理士の給料が高い職場とは?給料を上げる方法やおすすめの資格取得サービスについて紹介!

栄養管理士給料高い職場

「栄養管理士の給料は高いと言われているけど、職場によって給料は異なるの?」

「栄養管理士の給料を上げる方法とは?」

この記事では、栄養管理士の給料が高い職場について詳しく見ていきます。

結論、栄養管理士の給料が高い職場は、個人のスキルや実務経験などによって多少異なりますが、大手食品メーカーが高い傾向です。

栄養管理士の給料上げる方法や栄養管理士の就職先ランキングなどについても解説していきます。

これから栄養管理士を目指している人は、ぜひ参考にしてみてください。

また「栄養士の平均年収」について知りたい方は、こちらで解説をしています。

未来ケアガレッジ

介護資格の取得するなら、充実な学習サポートをしてくれる未来ケアカレッジがおすすめ。

試験対策講座や短期間で習得可能なスキルアップ講座も受講することが可能です。

栄養管理士とは

栄養管理士とは

栄養管理士とは、専門的な知識と技術を活用して、一人ひとりの健康状態に合わせて栄養管理や栄養指導などを行います。

栄養管理士として働くためには、厚生労働省の免許を受けた国家資格が必要です。

具体的な栄養管理士の業務内容として、主に以下2つが挙げられます。

  • 栄養指導
  • 商品開発

それぞれの業務内容について、特徴を踏まえて解説してきます。

栄養指導

病院に入院している患者さんに対して、病気や怪我が治りやすくするために、食事の取り方などの栄養指導を行います。

また、献立を作成したり、実際に調理なども栄養管理士の業務に含まれます。

幼児や小学生、子育て中の保護者などに対しても、正しい栄養の知識を教えるために、講演会や授業を行う場合もあります。

商品開発

大学や企業などの研究所に所属して、幅広い人の健康に役に立つことができる食品開発を行います。

主に食に関わる研究を行い、エビデンス作りなどによって、顧客満足の向上することが期待できると言えます。

食に関わる専門的な知識が求められることはもちろんですが、ターゲットとなるニーズ把握や商品アイデアなどのさまざまなスキルが求められます。

栄養管理士は人々の健康に関わる業務を行っているため、やりがいがある職業と言えるでしょう。

栄養管理士の給料の高い職場とは

栄養管理士の給料高い職場とは管理栄養士の給料の高い職場は、主に以下3つです。

  • 大手食品メーカー
  • 病院
  • 給食センター

管理栄養士の給料を上げたいと悩んでいるなら、いずれかの職場に就職することがおすすめです。

以下で、なぜそれぞれの職場で給料が上がるのか解説します。

大手食品メーカー

栄養管理士で給料がもっとも高いのが、大手食品メーカーです。

大手食品メーカーに所属している栄養管理士の主な業務内容は、健康食品やサプリメントなどの開発を行います。

ヒット商品を開発することができれば、社内での信頼度を上げることができ、キャリアアップを目指すことが可能です。

具体的に大手食品メーカーでの業務内容については、以下の通りです。

  • 商品企画書の作成
  • 衛生管理
  • 食品の安全性を証明するエビデンス作り
  • 原材料の分析
  • 栄養成分表示の作成

しかし、自分自身のスキルや実務経験によって、給料に大きな差が生まれるのであらかじめ注意が必要と言えます。

病院

病院

病院で働く栄養管理士についても、給料が高い傾向です。

主な業務内容は、病院食で食中毒を防いだり、栄養が偏った食事を提供しないために栄養管理や衛生管理などを行います。

基本的に、以下のように病院は管理栄養士の配置義務が規定されています。

病院、診療病床を有する診療所は、厚生労働省令で定める員数の医師、歯科医師、看護師等を有しなければならないとされている。

引用:「医療法に基づく人員配置標準について」厚生労働省

特定機能病院の場合には管理栄養士を1名以上配置することが必要です。

病棟数が100以上ある病院については、栄養士が1名以上配置することが定められています。

給食センター

給食センターとは、学校や病院、企業などに向けて給食を調理して、食事を提供する施設を指します。

給食センターで働く管理栄養士の給料は、地域やスキル、業務経験などによって多少異なりますが、他の職業と比較しても給料が高い傾向と言えます。

しかし、職場によって労働条件が異なり、交代勤務性や休日出勤を行っているため、就職や転職をする前には確認しておくと良いでしょう。

管理栄養士の就職先ランキング

栄養管理士の就職ランキング

管理栄養士は、活躍の場が増えてきており、就職先が幅広くあります。

どの就職先が人気があるのか把握することによって、給料が高い職場へ転職する際に、有利に働くことが可能です。

具体的に、栄養管理士の就職先ランキングは、下記表の通りです。

順位 就職先 割合
1位 受託給食会社 41.7%
2位 病院・クリニック 24.3%
3位 保育園 9.7%
4位 調剤薬局・ドラッグストア 9.0%
5位 公務員 6.3%
6位 高齢者施設 5.6%
7位 その他 3.4%

参考:女子栄養大学「栄養学部 実践栄養学科 就職データ2021年3月卒業生」

受託給食会社がもっとも就職率が高い傾向があり、就職先や転職先としても人気があると言えるでしょう。

栄養管理士の給料を上げる方法

栄養管理士の給料を上げる方法

栄養管理士の給料を上げる方法は、主に下記3つです。

  • 実務経験を積む
  • 転職をする
  • 専門分野の資格を取得する

現在栄養管理士として働いている方で、給料が低く悩んでいるなら、いずれかの方法がおすすめです。

以下にて、それぞれの栄養管理士の給料を上げる方法について解説します。

実務経験を積む

実務経験を積むことで、職場での信頼度を上げることができ、結果的に給料アップに繋がります。

転職をする際にも、実務経験が多いほうが有利に働くことができます。

実務経験を積むことによって、即戦力として扱われることが可能です。

自分自身が希望している職場環境に就職しやすいメリットもあると言えるでしょう。

転職をする

現在勤めている職場よりも、雇用条件の良い職場に転職をすることによって、より効率的に給料アップを狙うことが可能です。

地域によっては多少異なりますが、基本的には管理栄養士は不足している傾向なので、他の職業に比べて転職活動がしやすいと言えるでしょう。

転職の目的を明確にすることによって、高い給料はもちろん、職場環境や業務内容の職場への転職を成功させる可能性を上げることができます。

専門分野の資格を取得する

専門分野の資格を取得する

専門分野の資格を取得することによって、会社での資格手当が増えたり、信頼度を上げることができるため給料アップが目指せます。

具体的な専門分野の資格については、主に以下3つです。

  • 管理栄養士
  • 食品保健指導士
  • フードコーディネーター

それぞれの資格について、特徴などを踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

管理栄養士

管理栄養士とは、栄養に関わる専門的な知識と技術を活用して、栄養指導や栄養管理などの業務を行うことができ、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格のことです。

基本的に管理栄養士の資格を取得するためには、大学・短大・専門学校に通い、国家試験に合格することが必要です。

また、栄養士の資格については、養成施設の卒業後と同時に資格を取得することが可能です。

食品保健指導士

食品保険指導士は、消費者が健康食品について正しく理解することができるように、指導や相談などを専門アドバイザーとして適切に行うことができる資格のことを指します。

公益財団法人 日本健康・栄養食品協会が行っている食品保健指導師養成講習会の認定試験に合格することによって、資格を取得することが可能です。

受講資格については、以下の通りです。

  • 健康保険食品関連業務従事者
  • 薬剤師
  • 栄養士
  • 看護師
  • 保健婦
  • 医師
  • 保険・食品衛生担当者

上記以外にも該当する職種があるため、これから食品保健指導士を目指したいと思っている方は、あらかじめ確認をしておくことをおすすめします。

フードコーディネーター

フードコーディネーターとは、日本フードコーディネーター協会が運営をしている資格のことを指します。

食に関わる知識を身につけて、食品の開発やプロデュースなどの活動を幅広く行えます。

フードコーディネーターの認定試験には、難易度が低い順番で3級~1級までの種類があります。

資格取得するためには、最低でも食に関わる幅広い知識を取得することが求められます。

フードコーディネーター協会が実施している対策講座を活用することによって、効率よく資格取得できると言えるでしょう。

資格取得サービスは未来ケアカレッジがおすすめ!

未来ケアガレッジ

未来ケアカレッジとは、「未来の福祉を担う人材の育成」をコンセプトに運営をしている資格取得サービスです。

具体的に、未来ケアカレッジの試験対策講座については、以下の通りです。

  • 介護福祉士筆記試験対策
  • 介護福祉士筆記試験直前対策講座
  • 介護福祉士筆記試験公開模試
  • ケアマネジャー試験対策通学講座
  • ケアマネジャー試験対策通学+WEB講座
  • ケアマネジャー試験対策WEB講座
  • 登録販売者試験対策講座

短期間で習得可能なスキルアップ講座も受講することが可能です。

充実した就職サポートも行っているため、これから栄養管理士を目指している方や、栄養管理士に転職を検討している方にもおすすめと言えるでしょう。

参考サイト:未来ケアカレッジ公式

働きながら資格取得するコツ

働きながら資格を取得するコツ

働きながら資格取得するコツについては、主に下記3つが挙げられます。

  • 勉強時間をあらかじめ決める
  • 自分自身に合った勉強方法
  • 資格試験日から逆算して日程を立てる

働きながら管理栄養士として給料を上げたいと悩んでいるなら、いずれかの方法がおすすめです。

効率よく資格取得することが可能と言えるでしょう。

これから栄養管理士として給料を上げたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

以下にて、それぞれの項目について特徴などを解説していきます。

勉強時間をあらかじめ決める

勉強時間をあらかじめ決めることによって、習慣化しやすくなるメリットが挙げられます。

具体的には、一週間ごとにスケジュールを作成して、資格勉強する時間をあらかじめ決めておくことで、効率よく勉強することが可能です。

よくある例として、「相手時間があれば勉強しよう」などと思っていると、他の予定を優先にしてしまうため、あらかじめ注意が必要です。

このように、勉強時間をあらかじめ決めることによって、モチベーションに左右されることなく、効率的に資格取得の勉強を行うことができます。

自分自身に合った勉強方法

自分に合った勉強方法

自分自身に合った勉強方法を見つけることによって、より効率よく資格取得をすることが可能です。

具体的に勉強方法の種類については、下記表の通りです。

資格勉強方法 メリット
独学 自分の好きなペースで勉強することができ、費用を最小限に抑えることが可能。
通信教育 重要なポイントが記載されたテキストにそって資格勉強を行うことができ、自宅でも勉強することができる。
専門学校 強制的に資格勉強することができ、資格勉強する仲間も増やすことが可能。

上記のように、資格勉強方法やさまざまな種類がありますが、まずは自分が一番興味ある勉強方法を試してみることをおすすめします。

資格試験日から逆算して日程を立てる

資格試験日から逆算して日程を立てることによって、勉強の進み具合が明確になり、計画的に資格取得が可能です。

例として、半年後に資格試験日だったら、以下ように計画を立てます。

  1. 3ヶ月で一通りの資格勉強を終わらせる
  2. 自分自身が苦手な科目(分野)を2ヶ月間重点的に勉強する
  3. 最後の1ヶ月は全体の復習を行う

試験ギリギリで勉強をするのではなくて、ある程度余裕がある勉強をすることが重要と言えます。

資格取得サービスを利用することによって、さらに資格試験の合格率を上げることも可能です。

栄養管理士の給料が高い職場で働こう!

栄養管理士の給料が高い職場で働こう!

この記事では、これから栄養管理士を目指している方に向けて、栄養管理士の給料が高い職場や給料を上げる方法などについて具体的に紹介しました。

栄養管理士の給料が高い職場は、個人のスキルや業務経験などによって多少異なりますが、大手食品メーカーと言えます。

また、栄養管理士の給料を上げる方法については、「実務経験を積む」「転職をする」「専門分野の資格を取得する」の3つが挙げられます。

ぜひ、今回紹介したことを参考にして、栄養管理士の給料を上げてみてください!

未来ケアガレッジ

介護資格の取得するなら、充実な学習サポートをしてくれる未来ケアカレッジがおすすめ。

試験対策講座や短期間で習得可能なスキルアップ講座も受講することが可能です。