看護師

医療刑務所の看護師の仕事内容は?働く際に知っておきたい情報も解説!

医療刑務所は、看護師にとって特殊な環境です。

言い換えれば、看護師が受刑者と関わる数少ない現場

「その特殊な環境に惹かれた」

「受刑者であっても平等に看護を提供したい!」

目指す理由は様々あれど、必要な情報は同じです。

今回は、医療刑務所で働く看護師の仕事をご紹介します。

知っておきたい情報も抑えているので、きっとあなたの役に立つはずです!

先ずは、医療刑務所の概要から見ていきましょう。

1.医療刑務所を知ろう!

ここでは、医療刑務所の概要を紹介していきます。

そもそも何故刑務所に看護師?

「刑務所に看護師は必要?」

このような疑問を抱えている人も、医療刑務所を知ることで解決できるはずです。

医療刑務所の情報は、以下の2点に分けて解説していきます。

  1. 医療刑務所の役割
  2. 医療刑務所は全国に4か所

それぞれ見ていきましょう。

(1)医療刑務所の役割

医療刑務所は、受刑者の疾病や障害の治療を行う所です。

つまり分かりやすくいえば、受刑者の病院

もちろん、刑務所として矯正機関の役割も担っています。

受刑者の中には、抱えている疾病を理由に罪を犯した人がいるかもしれません。

そのような受刑者の場合、看護や治療は更生に直結します。

矯正機関と医療機関の両方を兼ね備えていることが、医療刑務所の役割といえるでしょう。

(2)医療刑務所は全国に4か所

実は、医療刑務所は全国に以下の4か所しかありません。

  1. 東日本成人矯正医療センター
  2. 大阪医療刑務所
  3. 岡崎医療刑務所
  4. 北九州医療刑務所

医療刑務所というと、八王子医療刑務所が思い浮かぶ人もいるかもしれません。

八王子医療刑務所は、2018年に国際法務総合センターに統合・移転。

移転の際に、施設名が東日本成人矯正医療センターと変わりました。

その情報も踏まえ、以下の表で所在地と受刑者の主な症状を確認してみましょう。

名称

主な症状

所在地

東日本成人矯正医療センター

身体症状

精神症状

〒196-0035

東京都昭島市もくせいの杜2丁目1

大阪医療刑務所

身体症状

精神症状

〒590-0014

大阪府堺市堺区田出井町8−80

岡崎医療刑務所

精神症状

〒444-0823

愛知県岡崎市上地4丁目24−16

北九州医療刑務所

精神症状

〒802-0837

福岡県北九州市小倉南区葉山町1丁目1−1

2.医療刑務所の受刑者に多い症状

先ほどの表では、大きな分類で身体症状と精神症状に分けて説明しました。

具体的な症状が気になるかと思いますので、こちらで説明させていただきます。

  1. 身体症状
  2. 精神症状

以上2点に分けて見ていきましょう

(1)身体症状

医療刑務所の看護師が対応する身体症状

医療刑務所で治療が必要な症状は、軽い怪我や風邪ではありません。

何故なら、刑務所内にも医務室があるからです。

つまり、医療刑務所で見受けられる身体症状は、比較的重めのものとなります。

例えば、以下の症状です。

  • がん
  • 糖尿病
  • 高血圧

このような症状に対し、医師が必要と判断した治療・看護を実施。

また法務省のWebサイトによると、手術も行っていることが分かります。

次は、精神症状を見ていきましょう。

(2)精神症状

医療刑務所の看護師が対応する精神症状

医療刑務所で見られる精神症状は、どのようなものでしょうか。

精神症状でも、入院や治療が必要とされる症状の受刑者が入所します。

具体的には、以下の症状です。

  • 統合失調症
  • アルコール依存
  • 薬物依存
  • 摂食障害

精神症状を扱う医療刑務所では、上記の症状に根気強く看護を行います。

因みに、重大な他害行為を行い、心神喪失となった人は医療刑務所には入所しません

刑法第39条により、心神喪失の者は罰しないとされているからです。

事件を起こし心神喪失とされた人は、医療観察法病棟にて専門的な医療を受けます。

3.医療刑務所に似た看護師の就職先

医療刑務所の所在地を確認したとき、こう感じた人もいるかもしれません。

住んでいる場所から遠すぎる…

しかし、ここで諦めてしまっては勿体ないです。

医療刑務所と似た仕事として、刑務所の医務室で働く手段があります。

刑務所の医務室

医療刑務所と違い全国にあるのが、刑務所です。

学校の保健室のように、通常の刑務所にも医務室があります

刑務所の医務室で診るのは、入院するまでもない怪我や体調不良です。

医療刑務所と比較した際のメリットを、簡単にまとめました。

  • 夜勤がない場合がある
  • 扱う症状が簡単
  • 勤務地の選択肢が多い

刑務所で看護師として働く際の、1つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

4.医療刑務所での看護師の仕事内容

医療刑務所の看護師の仕事内容

ここまで、医療刑務所で主に扱う症状を見てきました。

次に、医療刑務所での看護師の仕事内容を確認してみましょう。

医療刑務所でも看護師の仕事は変わらず、基本的に病院と同じ仕事をします。

既に想像が付いていた人も、いるかもしれませんね。

1つだけ病院と違う点を挙げるとすれば、資料作成・提出の業務

医療刑務所は通常の病院と違い、法務省の管轄です。

そのため、行政に対して資料を作る必要があります。

資料作成が苦手な人にとっては、辛いかもしれません。

しかし、この心理的ハードルをクリアすると、国家公務員として働くことができます。

次は、気になる待遇を見ていきましょう。

5.医療刑務所で働く看護師の待遇

医療刑務所で働く看護師は、国家公務員です。

具体的な区分では、法務技官となります。

より詳しく待遇を以下の2点に分けて見ていきましょう。

  1. 医療刑務所で働く看護師の給料
  2. 夜勤の有無

それぞれ解説します。

(1)医療刑務所で働く看護師の給料

給料はどんな仕事でも、把握しておきたいものです。

一般的に看護師が採用される場合と違い、医療刑務所では面接時点で年収が明かされません

つまり、正確な年収は、働いてみるまで分からないということになります。

ここでは、公的な情報を元に医療刑務所の看護師の給料を計算してみましょう。

医療刑務所の看護師の給料は、一般職の職員の給料に関する法律に基づき医療職俸給表(三)が適用されます。

正看護師であれば、職務は2級です。

中途採用の場合の号俸は、国家公務員看護師の平均から計算されます。

以上を総合し、医療職俸給表から基本給を計算しました。

仮に経験年数5~10年の場合は、基本給20~30万が予想されます。

職務の級・号

俸給月額

2級17号の場合

209,800

2級77号の場合

298,100

医療刑務所の看護師の手当

国家公務員では、基本給の他に手当も付きます。

また、その割合も大きいです。

主な給与手当を、以下にまとめました。

  • 扶養手当
  • 住居手当
  • 通勤手当
  • 期末・勤勉手当
  • 地域手当

期末手当はいわゆるボーナスです。

内閣府の報道資料によると、2019年の支給実績は、年間で約4.5か月分。

つまり、年収では16.5×約20~30万=約330万~500万となるでしょう。

(2)夜勤の有無

看護師として働く際は、夜勤の有無も気になるところです。

夜勤の有無は、施設によって異なります。

医療刑務所では、基本的に夜勤ありと考えましょう。

刑務所の医務室の場合は、夜勤なしの場合が多いです。

病院と保健室を比較してイメージすると、分かりやすいかと思います。

医療刑務所は病院、刑務所の医務室は保健室のイメージです。

どうしても夜勤ができない場合は、刑務所の医務室勤務がおすすめといえます。

6.医療刑務所の看護師に必要な資格はある?

ここまで、医療刑務所での看護師の働き方を見てきました。

刑務所という特殊な環境で働く際に、必要な資格はあるのでしょうか。

結論からいえば、特別必要とされる資格は看護師以外にありません

求人では、3~5年の実務経験が求められることがあるようです。

また、医療刑務所の刑務官は、准看護師を取得していることも。

そのため、採用は多少正看護師のほうが有利という可能性が考えられます。

次は、実際に働くイメージを膨らましていきましょう。

7.医療刑務所で看護師が働く際に知っておきたいこと

医療刑務所の看護師業務の特殊性

ここでは実際に医療刑務所で働く際に、知っておくと便利なことをご紹介します。

刑務所だけあって、環境は特殊です。

通常の看護師と異なることを、以下4点にまとめました。

  1. 安全性
  2. 受刑者と会話ができない
  3. 器具の管理
  4. 刑務官との連携

それぞれ見ていきましょう。

(1)安全性

受刑者の看護では、自分の安全性も気になります。

医療刑務所では、看護師と受刑者が2人きりになることはありません

刑務官が同行し、看護を行います。

これは、万が一の事態を避けるためです。

何もないのが一番ですが、念のため保険も用意されています。

人事院によると、適用されるのは国家公務員災害補償法です。

このような保証も用意されていますが、危険な目に合わないように配属時の研修をしっかり受けることが大切といえます。

(2)受刑者と会話ができない

医療刑務所では、受刑者との会話ができません。 

そのため、身体状況の聞き取りも刑務官を介して行います

二度手間にも思えますが、働く上での決まりです。

人によっては、看護にもどかしさを感じることがあるかもしれません。

解決策として、刑務官とコミュニケーションを深めることが挙げられます。

(3)器具の管理

器具の管理は、特に重要です。

病院でも大事ですが、それ以上に気を配る必要があるでしょう。

なぜなら、医療器具は凶器になるから。

例えば、注射器の針が無くなれば、誰かが疑われてしまいます。

使用前後には数をチェックし、しっかりと管理しましょう。

(4)刑務官との連携

医療刑務所には、刑務官の准看護師がいます。

資格は准看護師ですが、正看護師のあなたが教わることも多いはずです。

職場が変われば、勝手も変わります。

そのとき、質問することは何も恥ずかしいことではありません。

特に刑務官のほうが、受刑者の特徴や性格を詳しく知っているはずです。

資格に上下を付けず、素直に聞くことも大切といえるでしょう。

8.医療刑務所の看護師に向いているのはこんな人

医療刑務所の知識が深まってきたところで、どんな人が向いているか確認してみましょう。

職場の特殊性から、以下に当てはまる人が向いているといえます。

  1. 度胸がある人・割り切って考えられる人
  2. 患者とのコミュニケーションを必要としない人
  3. スペシャリストを目指す人

それぞれ解説します。

(1)度胸がある人・割り切って考えられる人

医療刑務所で相手にするのは、患者であり、受刑者です。

そのため、個人的な感情を含めず、割り切った考え方ができる人が向いているといえます。

また、多少度胸があるといわれるような人も向いているといえるでしょう。

逆に受刑者という先入観に囚われてしまう場合は、あまりおすすめはできません。

職場で精神がすり減っていくことは、とても辛いです。

医療刑務所の看護師は、割り切った考えができることが強みともいえるでしょう。

(2)患者とのコミュニケーションを必要としない人

医療刑務所は、患者と直接コミュニケーションが取れない特殊な職場です。

看護業務の一環で患者とのコミュニケーションを大切にしている人にとっては、退屈な職場だといえます。

その逆で、コミュニケーションが必要ないと考えている人にとっては、落ち着いた良い環境で働けるでしょう。

資料作成の業務もあるため、黙々とした作業が好きな人には好条件といえるかもしれません。

(3)スペシャリストを目指す人

医療刑務所では、求められる業務とスキルが特殊です。

他の病院で活かせる分野は、多いとはいえないでしょう。

そのため医療刑務所は、長く続けてスペシャリストを目指したい人向けの職場です。

また、このような特性も求められるでしょう。

  • コツコツ続けられる
  • 同じ職場で働くことが苦でない

当てはまる人は、医療刑務所のスペシャリストを目指してもいいかもしれませんね。

9.医療刑務所の看護師求人の探し方

どんなに向いている人でも、求人を見つけて応募することができなければ仕事を始められません。

医療刑務所の求人の探し方を、確認しておきましょう。

1つ確実なことは、タイミングが合わないと見つけられないということです。

これを踏まえた上で、ハローワークを活用して求人を探しましょう。

ハローワークがおすすめ

刑務所の求人は、傾向としてハローワークで募集を掛けることがあります。

地域の刑務所で働きたい場合は、ハローワークをチェックしましょう。

また、医療刑務所が近い場合や移住を考えている人は、ハローワークのインターネットサービスを利用するのも手です。

求人番号は必要ですが、自宅で調べることができます。

求人のキーワードで、法務技官という言葉が使われる場合も。

医療刑務所で見つからないときは、法務技官で検索すると見つかることもあるので、お試しください。

まとめ

医療刑務所での看護師の仕事を見てきました。

仕事内容は一般的な看護師と変わらないとはいえ、やはり環境が特殊です。

そのため、働く人の適性も考える必要があるでしょう。

「働いてみて、やっぱり後悔した」

「もっと早く応募すれば良かった」

このような後悔を避けるためにも、この記事を参考にしていただければ幸いです。